痩せている女性は間食や暴飲暴食を避け、正しい生活習慣を送っています。

MENU

痩せている女性との違い

 

痩せている女性は太らないように地道な努力をしているものです。

 

「私は食事制限や運動とかダイエットはやったことない」などと周囲に話をして、隠れて思いっきり運動やカロリー計算した食事でダイエットをしている方もいますが、ごく一部です。

 

痩せている女性と太っている女性は、ちょっとしたことの違いが積み重なって体型や体重変化に差が出ています。
決して体質的な問題で痩せているワケではない普通の女性が努力によって痩せている体型を維持するために行っていることをまとめました。
太っている人との違いも含めて紹介していきます。

 

朝食を食べる

食材と女性のイラスト

 

朝ごはんは食べても、日中に活動すればカロリーを消費しますし、朝から栄養補給して胃腸を刺激すると代謝も良くなります。
理想は和食ですが、一昔前に流行した朝バナナダイエットなども効果的です。

 

また、朝ごはんを食べる時間を作れるように早起きして、1日3食しっかり取ることは生活習慣の改善にも繋がります。

 

朝食べれば昼や夜もお腹がすきにくくなりますし、暴飲暴食することも減ります。夜もぐっすり寝れるようになるなど、様々な相乗効果を期待できます。

 

間食をしない

 

基本的なことですが、太らない女性と太ってしまう女性の差は間食にあることが多いです。
特に寝る前の間食は太りやすくなるので注意しましょう。
間食をするにしても、チョコやスナック菓子などの糖分は控えてダイエット系の食材をつまむようにしましょう。

 

 

ストレス発散方法を持っている

 

ストレスは体重の増減にも影響を与えますし、暴飲暴食のきっかけにもなります。
理想は運動してストレスを発散することですが、肉体面よりも精神的にリフレッシュすることの方が重要です。
読書やゲーム、音楽を聴くといったことでもいいので、本当に心の底からリフレッシュできるストレス解消法を探しましょう。
ただし、ショッピングやアプリのゲームで大量課金するなど、お金を使いすぎると、あとから後悔する気持ちが出てストレスの原因になることもあります。
お金はかけずに、ストレス解消法を実践した後に悪い影響が出ないこと。そして気軽に続けられる趣味を探してみてください。

 

また、ダイエットばかりを意識して、飲み会や食事会を断ったり、楽しい席でもセーブしてしまうなどの行動もあまりよくありません。
メリハリをつけて、遊ぶときは思いっきり遊ぶことが大切です。ただし、毎日飲み歩く欲望のままの行為は当然NGで、太らない女性はスケジュール調整も得意です。