主食の炭水化物、魚や肉などのたんぱく質や脂質、野菜を使った副菜を1:1:2の割合で食べましょう。

MENU

栄養のある食事

アンチエイジングは体の表面だけではなく、内面から行う事も大切です。体の内面、といえばやはり食事に気をつける、ということになります。アンチエイジングに適した食事というのはどのようなものなのでしょうか?

 

食事を摂るタイミングは規則正しく行おう

食事を摂る時間は一定ですか?1日3食、決まった時間に食べるようにする事が大切です。特に大事なのは朝食を摂る事です。
朝なかなか時間がない、などで朝食を抜いている人は多いのではないでしょうか?
朝食は1日のはじめに血糖値をあげるためにとても重要です。
朝食を抜いてしまうと血糖値があがらないので、昼食を摂った事で急激に血糖値が上がってしまい、体調を崩しやすくなってしまいます。また、血糖値が低いと空腹感が増加してしまい、思った以上の量を食べてしまって太りやすくなることもあるので、朝食はきちんと摂るように心掛けるようにしましょう。

 

食べる順番に気を配る

食事のときに最初に食べるものは何ですか?気にしていないつもりでも案外毎回同じものを食べているものです。
食事を摂るときは一番に野菜を食べるようにしましょう。野菜には多くの食物繊維が含まれており、先に食物繊維を摂る事でその後の食べ物による血糖値の急激な上昇を抑える事が出来ます。また、満腹感も出るので、たんぱく質や炭水化物などを摂り過ぎないようにする事にもつながります。
食事をするときにはよく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。そうすることで満腹中枢を刺激する事になり、食べすぎを防ぎ、老化の原因になる活性酸素を出しにくくすることにつながります。

 

バランスのよい食事を摂る

なによりも大切なのは栄養バランスの良い食事を摂るようにすることです。しかし、栄養バランスを考えて食事をしている人は少ないのではないでしょうか?自炊をしているから栄養バランスが良い、というわけでもありません。
基本的な食事内容として、ご飯やパンなどの炭水化物である主食、魚や肉などといったたんぱく質や脂質などの主菜、野菜を使った副菜、これらを1:1:2の割合で食べる事です。難しいようであれば1:1:1でもよいでしょう。
特にアンチエイジングに有効な食べ物は野菜やキノコ、海藻類などです。これらには食物繊維の他にも抗酸化作用のある栄養素がたくさん含まれています。また、女性であれば大豆製品を積極的に摂るようにすることもおすすめです。大豆に含まれている大豆イソフラボンには女性ホルモンによく似た働きをする性質があります。そのため、美肌作りなどに効果的です。
免疫力を高める効果のある発酵食品も積極的に摂るようにしましょう。納豆や漬物、ヨーグルトなど摂りやすいものが多いので、
毎日摂取するようにしたいものですね。