糖化する食べ物は老化を促進させるため、たるみやシワの原因になってしまいます。

MENU

眼鏡の女性アンチエイジングのために化粧品などにこだわっている人は多いのではないかと思います。
しかし、食べ物にまで気を配っている人は少ないのではないでしょうか?

 

ダイエットのために食事制限を行う、などといった人は多いですが、アンチエイジングまで考えていることはなかなかないですよね。

 

そこで、ここでは老化を招く食べ物についてご紹介します。
普段何気なく摂っているものが多いので、食べる頻度を減らすようにするとよいですね。

 

糖化する食べ物

糖化とはたんぱく質と糖がくっついて熱が加わったときに起こる現象です。
別名「AGE」とも呼ばれ、これが老化物質の1つになります。

 

AGEは茶褐色をしており、体の中で蓄積してしまうと肌の透明感がなくなったり、たるみやシワの原因になってしまったり、筋肉にたるみを起こし運動能力を低下させたり、脳障害を引き起こすことも考えられます。

 

糖化を起こしやすくする食べ物に、白砂糖や小麦粉、白米などがあります。その他にも0kcalの飲み物によく含まれている人口甘味料にも多く含まれているので、摂取のし過ぎをしないように気をつける事が大切です。
砂糖は黒砂糖などを使用するようにしたり、菓子パンやケーキ、お菓子などを大量に食べないように心掛けましょう。

 

トランス脂肪酸を含む食べ物

トランス脂肪酸には悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールを増加させて、心疾患や脳卒中を引き起こしたり、肥満や便秘、肌の老化などの原因になることもあります。

 

トランス脂肪酸を多く含む食べ物にはマーガリン、ポテトチップス、フライドポテトなどさまざまありますので、食べ過ぎないように注意しましょう。

 

アルコール

アルコールには水分の増加を促す成分があり、水分を過剰摂取してしまい肌のたるみやむくみを引き起こしてしまいます。

 

また、アルコールを摂取することでコルチゾールと言うホルモンが分泌され、コラーゲンやケラチンなど美肌を保つ為に必要な成分の生成を遅らせてしまう原因になったり、おつまみなどの食べ物を過剰摂取してしまうことになるので注意が必要です。

 

添加物の含まれた食べ物

添加物はコンビニのお弁当やインスタント食品、冷凍食品などさまざまなものに含まれています。

 

添加物は肌荒れや老化だけではなく、体内に毒素が溜まってしまい人の体に害を及ぼしてしまうので、出来るだけ摂らないようにすることが大切です。
自炊をしたり、添加物の含まれていない食べ物を選ぶようにしましょう。

 

塩分

塩にはナトリウムという成分が含まれています。
ナトリウムを摂取しすぎると体から水分が奪われ、乾燥しやすくなってしまい、肌の老化を促したり、むくみやシワの原因になる事があります。

 

塩はさまざまな食べ物に含まれているので、摂り過ぎないように気をつける事が大切です。