しわ対策にはビタミンC誘導体を含んでいるスキンケア商品を選びましょう。

MENU

しわ対策のスキンケア

老化でもっとも気になるのが「しわ」です。
加齢とともに発生するもので、見た目年齢に大きく影響します。
アンチエイジングに取り組む方も、しわ対策を最優先に考えている方が多いでしょう。

 

しわは大きく分けて小じわと深いしわの2種類あります。
小じわの原因は乾燥の影響が大きいので、保湿力の高いスキンケアを利用するとよいでしょう。
また、肌の水分量は代謝とも関係あるので、血行促進や新陳代謝を良くすることにも取り組むと効果的です。

 

深いしわの原因はコラーゲンをはじめ肌の栄養不足です。
深いしわの場合、表皮ではなく真皮の栄養不足なので化粧水やクリームなどを外側から塗っても原因になっている場所まで栄養が浸透しません。
サプリメントや運動して代謝を良くするなど、体の内側から対策を取るとよいでしょう。

 

スキンケア用品について詳しくはこちら

 

しわ対策に効果的な成分

 

保湿力を高める成分としては、ヒアルロン酸やセラミドです。
小まめに保湿を行い、夜はクリームなど持続性の高いスキンケア用品を選びましょう。
また、保湿とともに肌にハリを与える成分も含まれていることが理想です。
ビタミンC誘導体、コラーゲン、プラセンタエキス、レチノールなどが効果的な成分です。

 

 

深いしわ予防は小じわ対策と共通点が多い

 

小じわであれば、できてからでも対策で消すことができますが、深いしわは簡単に消せません。
できてから対策を取るのではなく、しっかり予防策を講じましょう。
深いしわ予防には保湿や肌にハリを与えることが効果的です。
つまりスキンケア用品による予防策は小じわ対策と同じで問題ありません。

 

深いしわは紫外線によって肌細胞が破壊される影響を強く受けます。
予防策は化粧品を使ったスキンケアも大切ですが、紫外線対策の方が重要性が高いです。
日差しがあるときはUVカット効果のあるファンデーションをしっかり塗って、必要に応じて日傘を使うなど徹底した紫外線対策を取りましょう。

 

 

たるみ対策もしっかり行う

自分でマッサージをする女性のイラスト

 

ほうれい線や深いしわなどは、表皮や真皮の問題だけではなく顔の筋肉の低下が原因かもしれません。
マッサージや顔の運動、ツボ押しなど、たるみ対策もしっかり行いましょう。
肌にハリを出すことも効果的ですが、たるみが原因の深いシワはスキンケアだけでは限界があります。
根本的なたるみを改善できれば、目立っていた深いしわがなくなるケースもあります。

 

深いしわがなくても、小じわ対策のスキンケアと顔のマッサージで予防していればアンチエイジング効果で老化を遅らせることができます。