シミ対策にはビタミンC誘導体を含んでいるスキンケア商品を選びましょう。

MENU

シミ対策のスキンケア

シミに効く成分は色々ありますが、今もっとも注目されているのが「ビタミンC誘導体」です。
シミ対策では、できてしまったシミを薄くして最終的には消したい場合や、加齢とともにできやすくなるシミの予防などの目的があります。
ビタミンC誘導体は予防とシミ消しの双方に効果があるので幅広い方にオススメできます。
商品選びで全く知識がない方や、シミ対策をこれから始めるという方はビタミンC誘導体を含んでいるスキンケア用品を選ぶと良いでしょう。

 

シミにも複数の種類がある

サプリメントのイラスト

 

シミには老化が原因の老人性色素班や肌荒れが原因の炎症性色素沈着など様々な種類があります。
シミの種類に応じて適切なスキンケアをすることが理想です。
シミの原因は遺伝の要素が強く病気の一種でもあります。
スキンケア用品は医薬部外品で美白効果やシミに効くと明記してある商品を選ぶとよいでしょう。
現在、人気の高いビタミンC誘導体は、幅広いシミの種類に効くため、幅広い方に効果を実感いただけます。

 

 

ビタミンC誘導体の中でもAPPSがオススメ

 

ビタミンC誘導体は以下の種類があります。

 

アスコルビン酸グルコシド(AA-2G)
リン酸アスコルビル酸Mg(VC-PNG、APM)
アスコルビルリン酸Na(VC-PNA、APS)
アスコルビルエチル(3-0-エチルアスコルビン酸)
グリセリルアスコルビン酸(VC-2G)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)
ジパルミチン酸アスコルビル(ビタミンCパルミテート)
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)

 

数あるビタミンC誘導体の中でもAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)が特にシミ対策に効果があると言われています。
APPSは脂分と水溶性と脂溶性の2つの特性を兼ね備えています。
それ以外のビタミンC誘導体は水溶性か脂溶性のいずれかに属しますが、APPSだけは水溶性+脂溶性という特別なカテゴリーに入っています。
APPSは浸透力が高く肌に馴染みやすいメリットがあり、利用者の肌質を問わず高い効果を得られます。
価格相場は30mlで5千円~1万円と割高ですが、シミ対策用のスキンケア用品では、APPS配合製品がもっとも信頼性が高いです。

 

 

スキンケアだけでは対処できないケースもある

 

シミの中でも女性の悩みで多い、老人性色素班や炎症性色素沈着はビタミンC誘導体配合を含む美白系化粧水が効果的です。
スキンケアで対策できるシミは表面の皮に色が付いてしまったものに限定されます。
イボ状に大きくできたシミや、強烈日焼けシミと呼ばれる花弁状色素斑などメラニンが真皮まで到達しているケースは、ビタミンCを多数配合したシミによく効くサプリメントなどで身体の内側から対処するしかありません。
即効性を求めるなら皮膚科や美容外科でレーザー治療(保険適用外)を受けるとよいでしょう。