スキンケアは値段により質がありますが自分に合う商品を選びましょう。

MENU

スキンケアの値段の差

スキンケア商品のイラスト

スキンケア用品の選び方は、価格だけではなく配合成分が肌質と合うことが重要です。
安い物でも、肌質とあっていて不足している成分を配合していれば効果を実感できます。

 

しかし、高い物を買った方が有効成分の配合量や質が良いため、より高い効果を期待できます。

 

全体的な傾向としては、安い物を買うよりも高い物を使った方が無難で効果の出る可能性が高いですが、高級品でも肌と合わなければ効果は限定的になります。

 

どんなスキンケア用品でも適量を継続して使うことが大切

 

スキンケアの失敗でよくある2つの事例をご覧ください。

 

  • ・安いスキンケア用品を使って厚塗りする
  • ・高いスキンケア用品を買って少量をケチケチ使う

 

スキンケア用品は1回塗って肌や体内に吸収できる量は限られています。
たとえば容量は同じ30mlで2,000円の商品と4,000円の商品があったとします。
2,000円の商品を本来の2倍の量を使っていくなら、4,000円の商品で適量使った方が高い効果が出ます。
30ml10,000円の高級品を買ったとしても、使うのが勿体いなくて少量を必要以上に薄く伸ばして使ったり、数日に1回だけといった使い方をするなら、安物を毎日継続的に使い続けた方が効果が出やすいです。

 

 

スキンケアは毎日使っていくと感覚が麻痺していく

 

新しいスキンケア用品を試したときに「いつも使っているのと全然違う」と感動したことはありませんか?
スキンケア用品は商品ごとに個性があり、今まで使っていたものと違うものを試すと、肌の質感が変わって好印象を抱くことがよくあります。

 

しかし、毎日同じ物を使い続けると最初は感動するほど効果を実感できた物でも、だんだんマンネリ化して違う商品を試したときに乗り換えてしまう方がいます。
試して見たときの感触が良いスキンケア用品を選ぶことも大切ですが、せっかく肌との相性も良い商品を使っているのに、違う商品に変えてしまうケースもあります。

 

スキンケア用品にも一長一短があり、良いものを使っていても完璧とは限りません。
何かひとつ足りていないものを他の商品で補えたときに、今使っている物よりも良いと勘違いしがちなので注意しましょう。

 

どんなに良いものでも使っていくと効果の実感が薄れてくる要素もあるのでスキンケア用品選びはとても難しいです。
特に安いけど評判が良いものは、アンチエイジング効果は低いけど使ったときの質感だけにこだわった商品も多いです。
高い物を使った方が成分の種類や質、配合量が多いので継続的に使ったときに確実な効果を期待できます。